ライザップなら痩せるでしょう!

こんにちは、愛実です。本日もライザップを中心にダイエットのお話をさせていただきます。ちなみにライザップはほぼ行くことが確定してます。あとはどの店舗に行くか・・くらいですね。

決めたきっかけというか、理由ですが、自分一人では続かないからです。まあ間違いなく3日坊主でしょうね。でもライザップへ通ったら出来ると思いますよ。なんといっても高額な値段を払っていますから。お値段が入会金を含めて、35万円程。元を取ることはまず不可能でしょうね。

ダイエットもお金のかかるものです。しかしよく考えたら食事などで太るのにもお金がかかりますし、痩せるのにもお金がかかるってなんだか変な話かも・・。まああまり考えずにおきましょう(笑)

私が見た感じ、運動が一番の特徴かなって気がします。なぜかといいますと、トレーニングマシン、ということも言えますけど・・それはトレーニングジムの方が設備はいいわけで、では何かといいますとパーソナルトレーナーでしょうね。基礎的なトレーニングでも姿勢などのフォームは超大事だといいますし、それがちゃんとできてる人はかなり少ないと聞いたことがあります。

私が参考にしているライザップのサイトがこちらです→「ライザップの口コミ情報サイト」ここには口コミがメインで書かれているのですが、ライザップの口コミって非常に少ないんですよ。あったとしても良い口コミばかり、表面的な情報しか得られないですよね。ですがこちらのサイトでは、悪い口コミを一緒に掲載していたり、実際に通ってみないと分からないような詳しい情報も満載なので、大変おススメです。

ライザップのトレーニング方法

こんにちは、愛実です。

前回ライザップの食事について少し話しましたけど、今回はトレーニングについて調べてみたので書こうかなと思います。

ライザップでやってるトレーニングは基本無酸素運動なんです。ダイエットっていうとなんとなく有酸素運動の方が頭に浮かぶのでちょっと意外でした。週2回のトレーニングらしくて、筋トレばっかりをやるみたいなんです。

バーベルを持ち上げる運動でも結構たくさんの箇所を刺激して違った箇所を鍛えていくみたいなんですよね。例えば肩回り、腕、胸、背中とですかね。持ち上げるだけでこれだけの箇所に効果があるのならなんかきつそうですけど、良さそうに見えてきます(笑)

それからトレーニングする週2回ですけど、基本的には同じ箇所を2回動かすことはないんだそうですよ。というのは筋肉にも休む時間が必要みたいで、休みをあまり入れずにトレーニングしても効果はあまりないんだそうです。

例えば最初に上半身をトレーニングした次に行った時は下半身をトレーニングする、みたいなやり方でやるみたいです。自分でやってるとどうしても気になるところだけをずっと動かしてる事ってあると思うので、ここも意外でした。

でも考えてみたら動かした次の日って筋肉痛になるので動くのがしんどいってこと結構ありますよね。無理やり動かしてたりもあると思うので効率的かもしれないです。

ライザップを検討

あけましておめでとうございます、愛実です。結局彼氏のいないクリスマスと年末年始を過ごしてしまいました。

ヤケ食いをやめなければと思う反面、それでストレスが溜まって体調を崩しても本末転倒では?と思ってしまい、ぐるぐると考え続けていました。

そうして出した結論は、やはりライザップです。プロに管理されながらダイエットをすることで、「一体何なら食べていいんだ(怒)」みたいなストレスからは逃れられるかなと思ったのです。

ライザップといえば低糖質ですよね。自分の力で低糖質の食事をしようと思うと、知識がないのでところてんとかしか食べられないのでは?って思ってしまうのですが、ライザップのサポートを受けることで、うまく糖質を抑えつつタンパク質などの栄養のある食事ができたら良いなと期待しています。

ちなみに糖質ってパン(小麦)やごはんに多く含まれているみたいなので、この辺の量が減って、代わりに糖質の低い食材が増えていくのかなと思っています。ヤケ食いしていたアイスもやめるか極端に量を減らすかした方が良いんでしょうか(水分扱いは良くないと気づいた)。

ただ心配なのは、これまで大した運動もしてなくて、ストレスが溜まればヤケ食いみたいな生活を送ってきた私が、ライザップを始めたところで、無事に痩せるまでやり切れるかどうかというところです。トレーナーが一対一でついてパーソナルトレーニングを提供してくれるというところまでは知っていますが、今思えばインパクトばかりが先行して詳しい内容を知らなかったなと・・。

ちょっと見てみたところ、脂肪が減るだけでなく、血圧やメタボリックシンドロームの改善にも効果があるというデータが出ているみたいです。トータルの健康を考える上でもかなり良さそうですね、ライザップ。

実際に通うかどうかは別にしても、もう少し調べてみようかなと思います。